甲状腺 病院 東京

生きて行く中で、病気にかかることもありますが、一口に病気と言っても様々な種類があります。その中でも今回は、甲状腺の病気についての解説と病院を東京で探す方法を解説していきます。甲状腺という名称を聞いたことがあっても、詳しくは説明できないという方も少なくないでしょう。甲状腺は、顎の喉仏の下側にあります。気管を包み込むように「くっついていて、体内で必要なホルモンをつくっている臓器です。甲状腺ホルモンは、体内に食物として取り入れた栄養素をエネルギーに変えたり、身体の新陳代謝を促進するなどの働きをしています。他には、お腹の中にいる胎児が成長する為の働きや、子供の脳や体が発育する為に必要な成長ホルモンとして働いたりと、身体にとって、必要な組織となっています。甲状腺ホルモンの様々な働きがあるからこそ、体内に取り込まれた水分や栄養素がスムーズに体内に吸収されるようになっているのです。

甲状腺の病気とはどんなものなのか?

甲状腺の病気には、「働き」と「形」の2つの変化があります。病気によってどちらか変化が片方だけ現れる場合もあれば、両方現れる場合もあります。「働き」の変化としては、甲状腺ホルモンをつくる働きが異常を起こしてしまい、ホルモンが過剰になったり不足したりするといったことがあります。甲状腺ホルモンが過剰になった場合には、全身の代謝が過度に高まる、反対にホルモンが減少すると全身の代謝が低下してしまいます。「形」の変化とは、甲状腺が「甲状腺筋腫」と呼ばれるはれやしこりができることを言います。甲状腺全体が少し腫れているが、機能に異常がない単純性びまん性甲状腺筋腫や、甲状腺を刺激する物質によって機能が高まり過ぎるバセドウ病、甲状腺に炎症が起こった橋本病などがあります。次に病院を東京で探す方法を解説していきます。

甲状腺の病気にかかった場合の病院の探し方

甲状腺の病気にかかった場合、病院を東京で探すにはネットを活用することをおすすめします。ネットで「甲状腺 病院 東京」と検索すると何件か病院がでてきます。最初に、病院のホームページに甲状腺と内分泌腺専門という明記があるかどうかを確認しましょう。病院によっては、自分の症状と適していない場合もあるので、病院探しは重要です。ホームページ見ただけで自分の症状に適しているかどうか分からない場合は、病院に電話して自分の症状を伝えるなど相談してみるとことも大切です。もし1つ目の病院が自分の症状に適していないと感じたら、セカンドオピニオンを受けましょう。甲状腺の病気にかかると、動機や落ち着きがなくなる、便が緩い、微熱などの生活に支障をきたしてしまうような症状も多いです。自分の身体に異常を感じたら、少しでも早く病院で診てもらうことが大切です。